むしできないむしの つづきのはなし。

今朝 目覚めて嫌々起き上がり 目が半閉じのまま振り向くと、枕もとで私を見ているものがいた…そう、アダーソンハエトリ君だ。

先日のより大人の、大きめのハエトリ君だ。慣れたとはいえ虫が頭の近くにいたのは怖いのだけど、とりあえずどんな奴か近づいて見てみる。

おや?よ~~く見たら、こいつも足が…左の足が2本少ない…こんな立て続けに障害のあるクモを見るなんて…うちの色々な虫よけグッズのせいなのか?放射能みたいな 子供に障害を起こす物質があるのだろうか?それとも意外と室内はサバイバルなのか?

整骨院に着いて 朝ご飯を食べた後、「足の無い家グモ」って検索してみたら、結構同じような目撃情報や研究結果などが出ていた。

人間にとっては一大事な障害だけど、どこぞの研究機関によると 足の欠損はおよそ10%のクモにあるそうなのだ。元々1本や2本欠損しても不自由なく動けるのだそうな。

ただ3本以上足が欠損するとかなり不自由らしい。じゃぁ、先日の若いハエトリ君は、片側3本無いからきついんじゃないか(ノД`)・゜・。?

でも、詳しい人が答えていた。クモは何回か脱皮するたびに足が生えるんだそう。じゃ、あの若い方のクモはきっと大丈夫だね。

うちのクモたちの足の欠損の理由はわからないけど、てか怖いサバイバル状態じゃないことを祈るけど、虫って本当にすごいなぁと改めて思うのであった

関連記事

  1. スマホ民達の身体が危険

  2. せーののしょーもない夢。

  3. 音とか気配とか気になる話

  4. それが~いちばんだいじ~♪

  5. 安易にマッサージに走らないで欲しい件

  6. BIWA ~むしできない虫とかおまけの話~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。