スマホ民達の身体が危険

もしかしてですが、世の中のほとんどの人はスマホを持っているかもしれませんね。アンケートとかでも、持っている前提で質問してきます。

しかし、私はガラケーです。

 

だからと言って言うわけではなくもないのですが、スマホ民の人達に少しでも危機感を持って欲しいのです。

まず、身体への影響以外での危険を挙げるとすれば、終電近くなるとよく見かけるのですが、座ってスマホ画面に釘付けの人です。

その人の目の前では立っている人がゆらゆらとして吐きそうです。隣の人は鼻をホジホジ、フケをポリポリパタパタと…。

他人事でもゾッとします。

集中し過ぎなのか視野が狭いのか、あそこまで気配を察知できないのは野生じゃないと無理なのかなと思ってしまいます。

 

身体への影響については、少し前から言われていますね。

小指の変形とか視力の事とか。

私が一番心配な事は、やはり姿勢のことです。

 

浅く座って足を投げ出して迷惑をかけているだけでなく自分自身の身体をとても悪くしてしまっていることに気付いていません。

あの姿勢のまま立ち上がると、背中が丸まったおじいちゃんおばあちゃんの形になります。首・肩・腰を曲げている姿。

 

今、その姿勢に慣れてしまっている人は、首や腰の痛みにも気付いていないのかも知れないし、既に変形が完成してしまって「気をつけ!」の姿勢が出来なくなっているのかも知れません。

なので、身体が痛くなって困っている人の多くは、数秒間も姿勢を保てないし、股関節が硬くなってしまい坐骨で座れなくなっています。これでは前屈もできません。

体育座りもできないし、うんこ座りもできません。

なので、立ったりしゃがんだりしなくなった人々は筋力も弱くなってしまったのです。

先日、終電近くに旅行中の外国人一家が楽しそうに座っているのを見ました。小さい子供をひょいっと持ち上げてつり革にぶら下げさせたりして、普段なら「なんて教育の悪いバカ親だ!」と思ってしまうのですが、なぜだろう。

見苦しく感じないのは見た目の美しさのせいか…

身体のラインの美しさについつい観察してしまった私です。

 

家族全員キレイです。

おじいちゃんらしき人はケビンコスナーに似ていたし、小さい子供達は普段見かけるベビーカーの子供達と同じくらいの年かと思うけど、ぴしっと胸を張ってプリけつで姿勢がよかったです。

お父さんは足が長く、降りる前に大きい荷物を持ってしっかりしゃがんだところからスッと立ち上がり、子供が足にしがみついたのを軽々と持ち上げ、ドアが開いたら子供を先に安全な位置まで降ろし、たくさんの荷物を持って爽やかに去っていきました。

なんて事無いこのシーンは映画やドラマですら日本人では見たことありません。

私は決して外国人好きとかではないのだけど、当たり前に身体づくりしているのって文化の違いなのだろうか…

以前、『日本人は姿勢が悪い』と検索してみたら結構それについて出てきました。

その中には「欧米人は狩猟民族…日本人は農耕民族…筋肉の使い方の遺伝子が…」的な話を書いている人がいました。

ふむふむ確かに多少はそんな事も関係あるのかも…けど…

普段から少しでも意識して体の柔軟性と良い姿勢をコツコツと積み上げていけば生活する分には簡単には痛めたりなんだりしないと思うわけで膝をキュッと閉じて胸を張っているだけで筋肉は鍛えられます。

ぜひ意識して見ませんか?

 

関連記事

  1. フュージョンの仕方

  2. 音とか気配とか気になる話

  3. ピアノの上達へ良い姿勢は近道になる?実際にピアニストから聞い…

  4. 施術管理者研修が終わったぞー!!

  5. せーののしょーもない夢。

  6. すべりまくって気付けたこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。