呼吸の話

「呼吸 していますか? 」

私はこの業界に入ってから「操体法」や「ストレッチ」など取り組むようになり、『深呼吸』についても考えるようになりました。

子供の時から呼吸が苦手という意識はありましたが、なんとか上手に深呼吸しようとまでは考えておらず息苦しかった…というか…

変な子供だったので トイレとか下水とか臭い(汚い)空気の場所では息を止めるか口を開かないようにしていたし、好きな場所やきれいな景色などでは口いっぱいに入れて飲み込んでいました…

他人には理解されないクセって誰にでもあるのでしょうけど。

 

それはさておき、深呼吸出来ない人って物凄く多い!!!!!

私も花粉症の季節なんかは、たばこや香水などの臭いでスイッチが入り、咳が止まらなくなるため、呼吸もままならなくなってしまいますが、今の仕事をするようになってから毎日お灸をすえ続けたりストレッチをすることで血流は良くなり体質も改善してはいるのですが、やはり元々喘息持ちだったせいか、あらがえない時もあります。

とは言え患者さんに指導する以上は自分が出来ないと恥ずかしいので深呼吸も柔軟性もレベルアップしましたけど…

 

ただ この普段当たり前にやっていそうな事って、意識的にやろうとすると出来ないんですね…

足りない頭を一生懸命しぼって伝えようとするのですが伝わりにくい深呼吸のイメージ。

歌を習ったことがある人ならロングブレスやらフェードアウトやら簡単に出来るのでしょうが

「はいっ、たっぷり吸って~、ゆっくり吐いて~…はぁぁ~じゃなくて、ふぅ~…って…ろうそくをふうぅ~て吹くような…」

てな事を言いながら、整骨院らしからぬ練習をしているのです。

 

しかし なんでも続けていれば、突然ひらめいたりするわけで 、ひとりスパルタ指導している元気なおばあちゃんが、深呼吸がなんとなく形になり、抵抗運動で脚力も結構つきました!

まぁ…この方の場合は「楽しめる」性格ゆえ スパルタでも続けていけるんですけど…虐待はしていないですよ!汗

 

とにもかくにも、深呼吸をするにはきれいな姿勢を保つ筋力と柔軟性も必要です。

体が丸まっていれば、動くはずの胸郭も呼吸筋も固まって動かせないですし、動かせないことで血流も悪くなりますから 深呼吸も立派な筋トレなのです!

 

歌が上手な人って呼吸も上手ですよね、息継ぎが見えないし気持ちよさそう!

そう言えば、昔飼っていたセキセイインコ達もいつ息継ぎしているかわからないくらい「くるくるぴろぴろきゅるきゅるぴっぴぴっぴ…♩」

ノンストップで歌っていましたね、天才かっ!!

でわ皆さん 歌いましょう!Let’s sing!

関連記事

  1. むしできない うちの用心棒の話。

  2. 梅雨の話

  3. すべりまくって気付けたこと

  4. つえや手すりは体を支えるものではない。それはお守りだ。

  5. むしできないむしのはなし

  6. 信心深くはないけれど虫は殺しません

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。